2007年5月16日@渋谷 ETIC.オフィス

 

「働く」をめぐっては、最近、ワーク・ライフ・バランスが広く知られるようになってきている。ただ、ワーク・ライフバランスというのは、ワークとライフを二つに分けて考え、そのバランスをとろうとするものだが、WorkLifeは、もっと双方は強い結びつきを持っているのではないかというメッセージを込めている。
 また、昨日、30代の過労での自殺が増えているというニュースが出ていたが、仕事を捉える新しいカタチが必要になっている。
  今の30代、10年後に30代のみなさんは、これから5年先、10年先を見越して、どのような変革が必要と思うか?

MT 今、仕事は充実している。 30代になると、仕事はある程度こなすことができるようになるのは、いいことだと思う。
  僕はworkとlifeは別々でいいのではないか、と思う。
  両者の「けじめ」をつけた方がいいいのではないか。しっかり仕事をしている人は、しっかり遊んでいる人も多い。スイッチの入れ替えをすることが大切ではないか?

SD 会社にはいって3年くらいの頃、私もやめたい病になった。社会人大学院にいって、別の社会を見て、いろいろと考えが変わった。

KN workは明確だが、lifeは幅広い、と感じている。 workは他者本位。
  自分で好きなことはlifeでやっていけば、精神衛生上いいのでは?と思う。
  人の顔色を気にせずに、やれること=lifeではないだろうか。
  workはお客さんがいて、喜んでもらうことが中心。(芸術家とかは違うが・・・) 仕事で個性を出せるのは、成果を出すところだと思う。「100コピーとって来い」と言われたから、とるだけでなく、そこで付加価値を出すのがworkでの自分の個性だろう。

MT NPOをしたいと思ったのは、仕事で使っていない能力をいかせるのではないかと思ったから。workとlifeで二つの顔をもてるといいと思う。

TR 人がいて自分が輝くのが、仕事のおもしろさだと思う。 私はworkとlifeの二つが重なっている。
  転職で失敗した経験もあるが、その時は名前にひかれて自分の軸を考えていなかった。自分の軸が一つあって、仕事とライフ、それぞれで出せるものがある。
  どんな場面で、どんな自分を出したいのか?というところで、仕事とライフのそれぞれでバランスがいいと、満足感がある暮らしになるのではないか。

IZ 仕事=他者本位はそのとおりだと思う。
  ただ、他者本位そればっかりだと、仕事にふりまわされてしまい、働きすぎとか、自殺するのでは?
  基本は他者本位で、自分の中に評価軸があって、そこでストップをかけたり、選んだりできることが大切なのではないか。
  求められていることと自己評価とのバランスが大切。
  自分が公務員を選んだのは、サービス残業や「売りたくないものを売る」という話が嫌だった。今の自分は納得して公務員を選んだ。だから、それなりに納得してやっていけるのではないかと思う。
  ただ、公務員の仕事が好きという基盤はしっかりしているが、短期的なところでは色々ともやもやもしている。

FJ 基本、自分の存在価値が認められている場所で働きたいと思う。
  認められることが大切で、お金がもらえるなら仕事、もらえないのがボランティアという感じだと思う。
  何が悪いというのではなく、できることをやっていくのが大切なのではないか。

SG work、life共に他者本位だと思う。どちらも成果を出すためには他者が必要だから。
  どちらでも自分が活かせたと思う時間が持てたら、ハッピーなのではないか。一瞬の積み重ねが好き嫌いになるのでは?

  農業をやりはじめて、ナスに花が咲いた、という喜びがあることに気付いた。自分は雨が降ったら嫌だと思っていたけど、野菜にとっては雨が降って良かったとなる。そのような多様な価値観を体感している。

YR 会社員時代から、生活の糧を稼ぐために仕事をしているという意識はなかった。 上司や同僚と一緒に、わぁわぁとやるのが楽しかった。
  夜中まで働いて、その後飲んで、家に帰って勉強して、また翌朝会社に行くというサイクルがあった。忙しいからプライベートがないのではなく、プライベートな時間は意図的にひねりださないと、出ないと思う。
  会社からNPOに変わっても、楽しい度合いは一緒。
  最悪、食うに困れば田舎の実家に戻ればやっていける、という最終的な拠り所があるのが強いのかも。

KN workとlifeの重なっている部分が大きくなる人が増えているといいなと思う。
  自分は「ワーク=他者本位、ライフ=自己本位」と考えているが、だから両者が違うものではなく、それがつながっていたり、重なっているのがいいと思う。 
  人は色々な機能を持っていると思うので、色々な機能が発揮できる社会になればいいと思う。

<< 123456| >>
トップページ
Voices from Community
登録者から寄せられたメッセージを紹介

若手社会人座談会>index
若手会社員やITベンチャー経営者などが集まり、「働く」の今とこれからを渋谷で話し合う

大阪で開催されたJaeeワーク・スタイルCafeの模様をレポート!
就活中大学生あっきーの
「働くって何?」
コミュニティ登録
メールニュースをお届けします
 

- バックナンバー

主催:Work-Life Innovators' プロジェクト
Copyright(C) 2005 ETIC. All rights reserved.