2007年5月16日@渋谷 ETIC.オフィス

 

MT 自分を見つめなおす機会が大切だと思う。今回のように違う会社の人と話せる場所に来る、ということがポイント。
  私がここに来ているのは、ラッキーで来れたと思う。友達からメールをもらってイベントに参加し、そこでスタッフの人と話をして、今日の誘いがあった。
  自分は、このような偶然が重なったが、このチャンスをいろいろな人に伝えたい。そういうシステムをつくることができたらと思う。

IZ 悩みがあっても、いろいろな人と悩みを共有することができると次に行けると思う。
  自分の中に抱え込むのではなく、人と分かち合うことが大切。
  先ずはそのように個々人が打開していくことが大切ではないかと思う。

MT 本当は今日のような機会を求めている人はいるのに、知るべき人が知らないのがもったいない。
  大企業にいながらも、こういうことができるんだ、という気付きが多くの人に与えることができれば、と思う。

SG 自分は学生時代に仕事と学生のギャップが何かを知りたくってインターンをした。しかし、そんなに違わないものだなと感じた。今、会社員になったからといって、学生の時と自分が本質的に変化したわけでもない。
  チャンスはアンテナを広げた人にやってくるのかな?と感じている。
  自分も、友達に誘われて、イベントに行ったから、出会いがあった。
  そのような気付きがみんなにあったら、と思う。

TR 何か自分のエネルギーをもてあましている人、なんとなく見えているけど踏み込めない人がたくさんいると思うので、そういう人の受け皿ができたらいいな、と思う。
  働くとかチャンスとかについて、社会人になってから気付くことってあるんだな、と感じている。社会人になってから考える機会があるのは大切だと思う。

YS 自分たちも、やがて年をとり、新しい世代に脅かされるようになる。次の世代に対して、いい意味で意地を通したいし、いい壁になりたい、と思う。
  狭い世界じゃなくって、いい意味で、気付きが循環していくような仕組みとかがあればいいし、そういうのをつくっていきたい。打ち上げ花火的な取り組みはあるが、文化にしていきたい。
  当たり前の人が当たり前のことを当たり前にする、ということを定着していくと、コンビニみたいにふらっといって、仕事について考えたり、話をできたりするという、そういう場がたくさん、そのへんにいっぱいあるといいなと思う。 
  ふっとある、という感じが大切だと思う。
  チャンスを探すというのが成長というのもいいが、それがうまく機能していない社会になっているのではないか。

SK ワークとライフ、他者と自己、趣味と仕事・・・という対立することに対して、バランス重視という話になるが、どっちも充実させることができれば、とも思った。
  自分の軸があって、いろいろな発揮の仕方があるのが大切だろう。
  みんなにとっての場をみんなでつくっていって欲しい。

SD 気になったこととして、できない人はやめたらいいという話も出たが、その人がやめたからといって、その組織がよくなるわけではないと思う。
  自分だけじゃなくって、組織全体として幸せになったらいいと思う。

今日はありがとうございました! また、開催しましょう!

 

<< 123456
トップページ
Voices from Community
登録者から寄せられたメッセージを紹介

若手社会人座談会>index
若手会社員やITベンチャー経営者などが集まり、「働く」の今とこれからを渋谷で話し合う

大阪で開催されたJaeeワーク・スタイルCafeの模様をレポート!
就活中大学生あっきーの
「働くって何?」
コミュニティ登録
メールニュースをお届けします
 

- バックナンバー

主催:Work-Life Innovators' プロジェクト
Copyright(C) 2005 ETIC. All rights reserved.