〜JCBポジティブアクション推進委員会の活動から〜

<参加者フリートーク>

周囲の人とつながり、周囲の人の働き方に気付いて意識が変わった

参加者E:今、若い人で会社を2、3年でやめてしまう人が多いと思います。自分も最初の職場は数ヶ月でやめたのですが、そのような状況についてどう思いますか??

安富:前向きな転職は良いと思うのですが、転職の理由が受身であるとうまくいかないのではないかと思います。
 私も1〜2年目はなかなかモチベーションがあがらなかったです。学生時代にお世話になった先輩や友人に相談するなど色々模索していましたね。

参加者F:ポジティブアクション推進委員会が実施した社内アンケートの結果をみて、委員会に参加を決めたという話でしたが、どのようなことに興味をもったのですか?

安富:アンケートにあがっていた声は共感できることが多かった。決して他人事ではなく私自身の声でした。そして、私自身が「日々楽しく働きたい」と思っているので参加をすればこの環境を改善できるかもしれない、ということに興味を持ちました。

参加者G:現場で変化が起きるには、何が変わるきっかけになると思いましたか?

安富:会社全体を考える視点を現場の社員が持つことだと思います。
  業務ばかり取り組んでいると「営業はなんで新しい話をとってくるんだ?」という考えに陥ってしまう。でも営業が新しい話をとってこないと会社の収益は生まれないし、営業には営業の思いや苦労があるんだと思います。自分の業務だけでなく、会社全体を考える視点が重要なのではないかと。
  そこで、「業務を担当する社員も入社後研修で営業活動を経験する」という提案を行いました。嬉しいことに翌年の新入社員研修に取り込まれたんです。

参加者H:私の会社でも、営業、生産に配属されない人に、それを体験してもらうようにしていて、その現場にいくと意識が変わって帰ってくる。
 私自身は研修を担当しているので、他部署の人との接点も多く非常に恵まれていると思う。

自分から動くことが第一歩

参加者I:今、入社2年目だが、大切にされていないように感じている。他の部署では飲みにいったり、研修があったりしているのに、どうして自分にはないのかと思っていた。しかし、話を聞いて、前向きになろうと思った。上司との接触回数がないと思っていたが、自分から動いてみようと思いました。

安富:先ほどの話にもあがりましたが、まずは自分から行動することが大切なんだと思います。
 ある時、他社の導入事例を学びたいと思い、「外出して見学に行きたい」と上司に相談したところ、上司は「是非行ってアイディアを見つけてこい」と背中を押してくれました。
  待っていてもなかなか変わらないですよね。

参加者H:管理職の立場から言うと、上司は部下から言ってもらったり、がんばっている姿をみると、押してもらっている気がしているので、ぜひ、上司に色々と言ってほしい。

参加者J:最初、安富さんの話を聞いて、人事部の仕掛けに乗せられている?と思ったのですが、会社がフレームつくって、そこでやって下さいという話ではないことがわかり、社員自身が気付いて動いたのだとわかった。
  提案は、受け入れてくれるという姿勢がないと、頑張ろうと思っても、頑張れないと思う。だから、社員に頑張れという時、会社も頑張らないといけないんだと思う。
  自由な発言を受け入れることは、会社が自ら能力を高めるために重要で、リスクがあっても意義があるという意識を持つ必要があるのだと思う。

安富:仕掛けに乗せられていると感じたことはなかったですね。
  もしそうだとしても「乗せてくれてありがとう」という気持ちの方が大きいです。

<<前へ次へ>>
第2回レポートindex

今後も、このような、「働く」をみんなで考え話し合っていくような座談会を、開催していきます。参加ご希望の方は、まずは、コミュニティにご登録ください。
⇒ 登録はこちらから
トップページ

トーク&座談会
第4回 サイバーエージェントで働くということ
第3回
 大企業にいる自分だからこそ生み出せる商品やサービスづくりに挑戦する
第2回  発想を変えれば会社・上司との関係も変わる!
第1回  銀行員がFMとのコラボを仕掛ける! 速報!

 

Voices from Community
登録者から寄せられたメッセージを紹介
若手社会人座談会
若手会社員やITベンチャー経営者などが集まり、「働く」の今とこれからを渋谷で話し合う
コミュニティ登録
メールニュースをお届けします
主催:Work-Life Innovators' プロジェクト
Copyright(C) 2005 ETIC. All rights reserved.