<参加者のコメント・質問>

参加者A:商社で消費者調査と情報発信を担当しています。
  いろいろな人の働き方に興味があって参加しました。働き方、働く意識に興味があり、働くモチベーション、クリエィティブな仕事のためのワークプレイスなどを考えていきたいと思っています。
平賀さんへのQ CSRという会社の中で浸透していなかったものを浸透させたプロセスを教えていただきたい。

参加者B:病院の職員向けの研修を担当してきました。仕事を楽しむことに関わっていけたら、と思い、人事系のコンサルティング会社に転職予定です。個人がやりたいことと大企業、部署とのやりたいことの間の乖離の中で、モチベーション維持にどういう工夫をされているのか、に関心があります。
平賀さんへのQ 社内のキーパーソンをどのように巻き込んでいくのか?

参加者C:現場で社会貢献活動をやっていますが、それ以外の部署はどんな仕事をしているか関心があって参加しました。
平賀さんへのQ 社会貢献部というと、法律や問題への対処といった「対策」をしている感じを持っていたが、ドコモは新しいことを生み出しているんだと思いました。もともとドコモの社会環境室は、前向きな文化だったのですか?また、どうして、社会環境室への移動を選んだ理由は?
もう一つ別の点で、盲学校のイベントなどをやるときに社内に仲間はいましたか? その仲間は、今どうしていますか?

参加者D:平賀さんが会社という環境を前向きに捉えていて、長いスパンであせらずにやっている。今の自分に必要なことだなと思い、とても参考になった。
平賀さんへのQ 誰にもできないことを実現したいというが、平賀さんにしかできないことって、どのようなことだと考えていますか?

参加者E:学生時代から環境問題に関心があり、社内のCSRのワーキンググループに参加したが、 B2Bの会社で、なぜCSRが必要か、といった厳しい質問が出た。
現場での社会貢献活動で成果が出てきたと思った矢先に、経理に転部することになり、引継ぎがうまくいくか、困っていたので、「社内の仕組みに落とし込む」という言葉に強く共感した。
平賀さんへのQ やはり、社員をどのように巻き込んでいったのか、もっと詳しく聞きたいと思います。

参加者F:社内ですぐに実現できなくても、一歩一歩進めていく姿勢が大変参考になった。
平賀さんへのQ 社内でいろいろな壁にぶちあたってきて、いろいろと大変な想いもあったと思うが、話を聞いていて、平賀さんはドコモという会社に対して信頼感を強く持っていると感じた。その信頼感の基盤はどこにありますか?

参加者G平賀さんへのQ この座談会では、メンターという話がよくでるのですが、平賀さんにとって目標にしていた人や兄貴的な人が社内にいましたか?

参加者H平賀さんへのQ 社外で評価されているにも関わらず、なんでドコモにいるのか?
また、社会人向けの大学院大学に働きながら関わっているということだが、なぜ行こうと思ったのですか、また、時間を使うと思うが、どのように両立していますか? その経験も踏まえて、5年後、10年後に、どのようなビジョンがありますか?

<<前へ次へ>>
第3回index

今後も、このような、「働く」をみんなで考え話し合っていくような座談会を、開催していきます。参加ご希望の方は、まずは、コミュニティにご登録ください。
⇒ 登録はこちらから
トップページ

トーク&座談会
第4回 サイバーエージェントで働くということ
第3回
 大企業にいる自分だからこそ生み出せる商品やサービスづくりに挑戦する
第2回  発想を変えれば会社・上司との関係も変わる!
第1回  銀行員がFMとのコラボを仕掛ける! 速報!

 

Voices from Community
登録者から寄せられたメッセージを紹介
若手社会人座談会
若手会社員やITベンチャー経営者などが集まり、「働く」の今とこれからを渋谷で話し合う
コミュニティ登録
メールニュースをお届けします
主催:Work-Life Innovators' プロジェクト
Copyright(C) 2005 ETIC. All rights reserved.