+ゲスト+
  平賀一樹さん
  株式会社NTTドコモ 社会環境推進部 CSRコミュニケーション担当

+日時・場所+
 2006年12月19日(火) 19:30〜22:00
  @ ETIC.オフィス (東京・渋谷)

<Report Index>

■Introduction■

平賀さんは、NTTドコモの社会貢献部門で、高齢者や障がいのある方に対する携帯の活用をテーマに、各事業部やNPO、大学生を巻き込んだ商品の開発ができるよう、社内の仕組みづくりの仕事をしています。

視覚に障がいのある人たちのらくらくホンの利用状況を徹底して調べ、
視覚に障がいのある方のシェア8割という圧倒的な支持を得る商品づく
りを推進したり、GPS携帯とGoogleMAPを使った地域マップ作りのソフトウェアを開発し、NPOのIT化向上や子供たちの安全マップ作成の実証実験を行い、事業活動を通じた社会貢献を実現させるためのプロデュースをしています。

これらの案件は、社会貢献部門と事業部門の社内ネットワークを駆使
して実現したもので、平賀さんはコーディネート役として社内を動き回っ
ているそうです。
もともと平賀さんは、法人営業に在籍している時に視覚に障がいを持っている人との出会いをきっかけに、事業活動を通じた社会貢献活動を実現したいと考えていたのですが、営業よりも社会貢部門からの方がやりやすいと考え、自ら志願して社会貢献部門に異動しました。その背景には、営業で頑張っても成果を出せるかもしれないが、それは自分にしかできない仕事ではない。自分にしかやれない仕事をしたい、という思いがあったそうです。

大企業にいる自分だからこそ生み出せる商品やサービスづくりに挑戦している平賀さんには、どのような転機があったのか、また、社内のいろいろな部署のコラボレーションをすすめる工夫はどのようなものかの話をうかがいながら、会社の中で自分らしい仕事をつくっていくためのポイントを話し合います。

次へ>>

今後も、このような、「働く」をみんなで考え話し合っていくような座談会を、開催していきます。参加ご希望の方は、まずは、コミュニティにご登録ください。
⇒ 登録はこちらから
トップページ

トーク&座談会
第6回 上方落語を伝える記者の“プロ仕事”
第5回 
市役所での新しい仕事づくりと働く環境づくりに挑戦する
第4回 
サイバーエージェントで働くということ
第3回
 大企業にいる自分だからこそ生み出せる商品やサービスづくりに挑戦する
第2回  発想を変えれば会社・上司との関係も変わる!
第1回  銀行員がFMとのコラボを仕掛ける! 速報!

 

Voices from Community
登録者から寄せられたメッセージを紹介
若手社会人座談会
若手会社員やITベンチャー経営者などが集まり、「働く」の今とこれからを渋谷で話し合う
コミュニティ登録
メールニュースをお届けします
主催:Work-Life Innovators' プロジェクト
Copyright(C) 2005 ETIC. All rights reserved.