江原さんは、横浜市役所の職員提案制度であるアントレプレナーシップ事業において、学生時代から興味がある障害者の方の支援、 特に
知的障害者の雇用を進める事業を提案し、仕事をつくってきました。
  その活動を通して、就労だけに止まらない生涯学習やスポーツなどの 障害者の様々な生活の側面に意識が広がると共に、障害者の方々が働きやすい職場を考える中で、自分たち自身の職場の改善に関する
取り組みも始めています。
 さらに、市役所内の様々な部署での改革改善の試みを発表するイベントの開催、NPOココロネットの活動など幅広く挑戦を行っています。
 
特技は「バリアを超えること」とおっしゃる江原さん。様々なフィールドで どのように周囲とのつながりをつくりながら、挑戦を行ってきたのか、
その秘訣をうかがいます。

+ゲスト+
  江原顕さん
  横浜市役所 健康福祉局障害企画課就労支援係

+日時・場所+
  2007年7月3日(火) 19:45〜22:00
   @ ETIC.オフィス (東京・渋谷)
  http://www.etic.or.jp/etic/access.html   

+セッション+
  江原さんの経験をお話しいただき、
  参加者で 「組織内で新しい仕事をつくるには」をテーマに
  フリートークを行います。

+対象者・定員+
  ・会社の中を、もっと挑戦できる環境にしたい若手社会人
  ・会社や組織の中で働く環境づくりに取り組んでいる若手社会人
  ・夢を実現させる場所としての会社に限界を感じている若手社会人

 定員:15名

+参加費+
 参加費:無料

+申し込み+
 氏名、所属、参加動機をご記入の上、 info@etic.or.jp (担当:広石)まで、
 電子メールでご連絡ください。

 

今後も、このような、「働く」をみんなで考え話し合っていくような座談会を、開催していきます。参加ご希望の方は、まずは、コミュニティにご登録ください。
⇒ 登録はこちらから
トップページ

トーク&座談会
第6回 上方落語を伝える記者の“プロ仕事”
第5回 
市役所での新しい仕事づくりと働く環境づくりに挑戦する
第4回 
サイバーエージェントで働くということ
第3回
 大企業にいる自分だからこそ生み出せる商品やサービスづくりに挑戦する
第2回  発想を変えれば会社・上司との関係も変わる!
第1回  銀行員がFMとのコラボを仕掛ける! 速報!

 

Voices from Community
登録者から寄せられたメッセージを紹介
若手社会人座談会
若手会社員やITベンチャー経営者などが集まり、「働く」の今とこれからを渋谷で話し合う
コミュニティ登録
メールニュースをお届けします
主催:Work-Life Innovators' プロジェクト
Copyright(C) 2005 ETIC. All rights reserved.